R1 11.27 ゆず

今はもう壊して実在はしていないのですが…。

お店から歩いて5分程の所に私のじいちゃんとばあちゃんが住んでいた家がありました。

小さい頃、たまにその家に泊まりに行くのが楽しみでして✨

夏は“かや”の中に布団を敷いて
じいちゃんとばあちゃんの間で寝たのがなんとも懐かしい思い出ですね。

庭先には“ゆず”の木があって、時期になるとそのゆずをお風呂に入れるんですよね✨

ゆずのフルーティーな香りが脱衣所まで広がって
『あっ、ばあちゃん今日はゆず風呂やなっ‼』なんて思いながらウキウキして服を脱いだのを憶えています。

旧家の跡地は現在、親戚が営む鉄工所の資材置き場として使って頂いているのですが
その柚子の木だけは残っていて今でも写真の様な立派な実をつけます!!

先日、うちの子供たちが籠一杯にゆずを収穫してきたのですが
かわいがってくれたじちゃんとばあちゃんを思い出したので綴ってみました。

昨夜“ゆず風呂”に浸かって目を閉じた時。
懐かしいフルーティーな香りと共に
じいちゃんの笑った顔が頭に浮かんで…

42にもなった孫は風呂場で少し泣いてしまいました。

チャンチャン